1949年 千葉県佐倉市先崎(マッサキ)に生まれる。
1975年 早稲田大学商学部卒業。
同年 東京銀行へ入行。主として融資業務に従事。
香港在駐を経て、海外部にて欧州、米国を担当。
1992年 蕨産業株式会社を設立。
1994年 ユーカリ・ゴルフプラザ開業。
1998年 石材事業開始。
同年JA佐倉市監事に就任し、JA佐倉市再建に尽力。JA佐倉市、JA八街市、JA四街道市の合併にこぎつけ、「JAいんば」設立に貢献。
1999年
_
2006年
佐倉市観光協会理事、佐倉商工会議所常議員、いんば農業協同組合理事、佐倉市社会福祉協議会福祉委員、成田法人会常任理事、佐倉市民生委員、佐倉ライオンズクラブ理事、佐倉市先崎地区区長。
2003年 佐倉ラベンダー・ランド 開園
2007年 佐倉市長に就任。

 少し突拍子もなく聞こえるかもしれませんが、これが今の私の一番の夢です。

 私は佐倉市に生まれて数十年、大学を卒業してから一度は佐倉を出て、都心や関西、また海外で仕事をしてきました。
 そして1992年に地元佐倉に戻り、蕨産業(株)を設立しました。
やはり自分が生まれた街(村)に少しでも貢献したいと思っていたことと、私の住んでいる先崎(まっさき)という地域は、過疎化されつつある農村なので、ここを少しでも活性化させ、文化的な街にできないかなぁといつも考えていました。
 まずは、「人々の出入りを多くする」「自然環境を壊さず、最大限有効活用する」の2つをコンセプトに、ゴルフ練習場「ユーカリ・ゴルフプラザ」を設立致しました。先崎の恵まれた自然を有効活用し、清々とした景観と環境を創りあげています。

 そして今、もう一つの大きな夢を実現しようと頑張っています。それが「花でいっぱいの街にしたい!」なのです。
 昨今の社会・経済情勢から、佐倉市の農地も減反により、荒れ地が増えつつあります。特に稲作を中心としていた農家の方々は、兼業を余儀なくされ、廃業する方も少なくありません。
私はこの佐倉市先崎(マッサキ)で、農家の方々が違う形で活躍でき、なおかつ街全体が元気に明るく活性化できるものはないかと常日頃から模索していました。
 それが「花」・・・・それもラベンダーで、今、干拓している土地15万坪の一部を活用して、たくさんのラベンダーやポピー、向日葵など、四季折々の花でいっぱいにし、たくさんの人達が来てくれる「花のオアシス」を創りたいのです。また現代を生きる人々には、本当に癒される場所が必要であり、そういった場所を少しでも提供できれば...と考えています。

 「花でいっぱいの街にしたい!」にご賛同いただける方、是非、応援を宜しくお願い申し上げます。

蕨 和雄 の ホームページ